2011年05月27日

一週間脂肪燃焼スープダイエットとは

一週間で効果が出るダイエット方法として注目を集めた「脂肪燃焼スープダイエット」。

キャベツ、玉ねぎ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜を使ったスープを中心に、決められたメニューを一週間食べるというダイエット方法です。
面倒なカロリー計算も必要なく、身近にある野菜を煮るだけなので、料理が苦手な人でも簡単にできるのが魅力です。

もともと低カロリーで満足度の高い野菜スープはダイエットの強い見方です。

野菜をたっぷり使うことでダイエット中に不足しがちなビタミンやミネラルを補給できるだけでなく、食物繊維が腸を刺激し、便通を改善するため、「デトックス(毒出し)燃焼スープ」などと呼ばれることもあります。

体質を改善して、冷え症や肩こりなど、身体にたまった毒素が原因で起こる不快症状を改善する効果もありますので、ダイエットしている一週間だけでなく、普段の食事にも積極的に取り入れたい優秀なスープです。基本的な材料を使えば味付けも自由なので、食べ続けても飽きることがありません。

一週間燃焼スープダイエットプログラムでは炭水化物を取らない、スープと果物だけの日、スープとお肉の日など、方法が大まかに決められています。

このスケジュールにしっかり従うことで、より効果的なダイエットを行うことができますが、普通の食事をしながら、食事の前にこのスープを飲むようにするだけでも効果が得られる、簡単で嬉しいダイエット法でもあるのです。




posted by 一週間ダイエット at 12:09| 一週間脂肪燃焼スープダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一週間脂肪燃焼スープダイエットの方法

より短期間で痩せたい、という人にオススメの一週間脂肪燃焼スープダイエット。このプログラムでは一週間のメニューが大まかに決まっています。スープは一度作っておけば何日も食べられるので、料理が苦手な人でも簡単に取り組めるのが魅力です。

一週間のプログラムでは、朝食には毎日脂肪燃焼ジュースを飲み、昼と夜に脂肪燃焼スープを食べます。1日目から4日目までは野菜かイモ類、果物だけ、5日目と6日目には肉を食べますが、基本的にご飯などの炭水化物は7日目まで食べません。スープはいくら食べてもOKです。

ダイエット中はお菓子類、アルコール類は禁止。飲み物は糖分のないものを飲みますが、身体を冷やす効果のあるコーヒーや緑茶よりも、水や番茶を飲むようにしましょう。

一週間脂肪燃焼スープダイエットスケジュール
1日目
朝 脂肪燃焼ジュース
昼 脂肪燃焼スープまたは野菜(油は使わない)
夜 脂肪燃焼スープ
※バナナ以外の果物はOK

2日目
朝 脂肪燃焼ジュース
昼 脂肪燃焼スープまたは野菜(油は使わない)
夜 脂肪燃焼スープとイモ類

3日目
朝 脂肪燃焼ジュース
昼 脂肪燃焼スープ
夜 脂肪燃焼スープ
※バナナ以外の果物や、野菜は自由。ふらふらするなどの症状がある場合には、炭水化物を少しだけ食べてもOK。

4日目
朝 脂肪燃焼ジュース
昼 脂肪燃焼スープ+バナナ
夜 脂肪燃焼スープ+バナナ
※たんぱく質を補うために無脂肪牛乳500ml飲む。

5日目
朝 脂肪燃焼ジュース
昼 脂肪燃焼スープ+トマト2〜3個、鶏肉か豚肉をゆでて調理したものまたは煮魚
夜 脂肪燃焼スープ+トマト2〜3個、鶏肉か豚肉をゆでて調理したものまたは煮魚
※水を1.5リットル以上飲む。

6日目
朝 脂肪燃焼ジュース
昼 脂肪燃焼スープ+野菜、牛肉
夜 脂肪燃焼スープ+野菜、牛肉
※牛肉は好きなだけ食べてOK。

7日目
朝 脂肪燃焼ジュース
昼 脂肪燃焼スープ+玄米ご飯
夜 脂肪燃焼スープ+玄米ご飯
※玄米ご飯は好きなだけ食べてもOK。

ご飯や麺類が大好き!という人にはちょっとキツイメニューかも知れませんが、一週間という超短期間ですし、しっかり従えばかなりの効果が期待できる確実なダイエット方法です。どうしても短期間で成果を出したい人にはオススメです。

「もっと時間がかかってもいい」という人は、普段の食事の量を半分に減らして、食事の前に野菜たっぷりのスープを飲むようにしてもいいでしょう。この方法でも続けることで効果的なダイエットを行うことができます。


posted by 一週間ダイエット at 12:07| 一週間脂肪燃焼スープダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

脂肪燃焼スープダイエットのレシピ

短期間で確実に痩せられると評判の一週間脂肪燃焼スープダイエット。

脂肪燃焼スープの作り方は、とってもシンプルです。

<脂肪燃焼スープ 作り方>
@キャベツ、玉ねぎ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜を適当な大きさに切る。
A昆布、鰹節、鶏がらの3種類のだしで煮る。
B塩とショウガで味をつける。

材料の量はお好みでOK。
たっぷり作っておけば料理の手間も省けて簡単です。

セロリの葉には茎よりもビタミンが豊富なので、細かく刻んで入れましょう。

一週間ダイエットではこのスープを毎日飲みます。

基本の塩味のほか、しょうゆ、味噌、カレーなど、いろいろアレンジして飽きないようにしてもいいでしょう。
豆乳やノンオイルのツナを加えるのもお勧めです。


一週間ダイエットプログラムでは朝、脂肪燃焼ジュースを飲みます。

<脂肪燃焼ジュース 材料/2杯分>
大根…5cm
ニンジン…1/3個
リンゴ…1/2個
ショウガ…少々
はちみつ…小さじ1
水…100ml

作り方は、材料を適当な大きさに切ってミキサーにかけるだけ。
濃縮還元でない100%フレッシュジュースで代用も可能です。

朝このジュースを飲むことで、腸の働きが活発になり、体内の毒素を排出するのに役立ちます。

スープに使用するキャベツには粘膜を丈夫にしてくれるビタミンUが豊富ですし、玉ねぎには血液をサラサラにする働きがあります。

さらに、セロリにはミネラルが豊富に含まれているほか、トマトのリコピン、ピーマンのビタミンC、ニンジンのカロチンなど、一週間ダイエットの脂肪燃焼スープは栄養的にも大変優れています。

食物繊維も豊富で、ショウガの作用で身体を温めてくれる作用もあります。

脂肪燃焼スープと脂肪燃焼ジュースで、美味しく健康的にダイエットしましょう!



posted by 一週間ダイエット at 19:37| 一週間脂肪燃焼スープダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。