2011年05月25日

脂肪燃焼スープダイエットのレシピ

短期間で確実に痩せられると評判の一週間脂肪燃焼スープダイエット。

脂肪燃焼スープの作り方は、とってもシンプルです。

<脂肪燃焼スープ 作り方>
@キャベツ、玉ねぎ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜を適当な大きさに切る。
A昆布、鰹節、鶏がらの3種類のだしで煮る。
B塩とショウガで味をつける。

材料の量はお好みでOK。
たっぷり作っておけば料理の手間も省けて簡単です。

セロリの葉には茎よりもビタミンが豊富なので、細かく刻んで入れましょう。

一週間ダイエットではこのスープを毎日飲みます。

基本の塩味のほか、しょうゆ、味噌、カレーなど、いろいろアレンジして飽きないようにしてもいいでしょう。
豆乳やノンオイルのツナを加えるのもお勧めです。


一週間ダイエットプログラムでは朝、脂肪燃焼ジュースを飲みます。

<脂肪燃焼ジュース 材料/2杯分>
大根…5cm
ニンジン…1/3個
リンゴ…1/2個
ショウガ…少々
はちみつ…小さじ1
水…100ml

作り方は、材料を適当な大きさに切ってミキサーにかけるだけ。
濃縮還元でない100%フレッシュジュースで代用も可能です。

朝このジュースを飲むことで、腸の働きが活発になり、体内の毒素を排出するのに役立ちます。

スープに使用するキャベツには粘膜を丈夫にしてくれるビタミンUが豊富ですし、玉ねぎには血液をサラサラにする働きがあります。

さらに、セロリにはミネラルが豊富に含まれているほか、トマトのリコピン、ピーマンのビタミンC、ニンジンのカロチンなど、一週間ダイエットの脂肪燃焼スープは栄養的にも大変優れています。

食物繊維も豊富で、ショウガの作用で身体を温めてくれる作用もあります。

脂肪燃焼スープと脂肪燃焼ジュースで、美味しく健康的にダイエットしましょう!





posted by 一週間ダイエット at 19:37| 一週間脂肪燃焼スープダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一週間脂肪燃焼味噌汁ダイエット

ビタミン・ミネラルたっぷりでデトックス効果もある一週間脂肪燃焼スープダイエット。
決まった6種類の材料を使う脂肪燃焼スープの代わりに味噌汁を使って一週間のダイエットプログラムを組むこともできます。

味噌汁は日本の伝統食でもあり、日本人にとっては目新しいものではありませんが、
今やそのダイエット効果が注目され、美容に関心の高いセレブを中心に世界中で愛飲されています。

味噌の原料となる大豆には、良質のたんぱく質のほか、ビタミン、ミネラルに富んでいるだけでなく、腸の働きを整えて脂肪の吸収を抑制する大豆サポニンや、脂肪を溶かして排出する効果があるレシチンなど、ダイエットを応援してくれる様々な成分がが含まれています。

味噌汁の具は、大根、こんにゃく、しめじやえのきなどのきのこ類を基本に、葉物野菜やわかめ、豆腐など、その日の気分で変えてもOKです。

こんにゃくや大根などの根菜類ときのこ類を入れることで、デトックス効果をより高めることができます。

いつもの味噌汁に豆乳、キムチ、納豆を加えても違った味が楽しめます。


基本的な方法は、一週間脂肪燃焼スープダイエットとほぼ同じです。

朝は脂肪燃焼ジュース、昼と夜に脂肪燃焼味噌汁と野菜や肉を食べます。

一週間ダイエットの期間中はお菓子、炭水化物やイモ類、アルコールはNG、夜8時以降は食べない、などのルールがあります。

味噌汁はコンビニで売られているものでもOKです。
味噌汁を利用することで、より日本人の好みに合った手軽なダイエット方法になります。


posted by 一週間ダイエット at 19:35| 一週間脂肪燃焼スープダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一週間脂肪燃焼スープダイエットの注意点

簡単に取り組めて、一週間で効果が出る脂肪燃焼スープダイエットですが、注意しなくてはならない点が幾つかあります。

まず、朝の体温が36.5℃に満たない低体温の人は注意が必要です。

この一週間ダイエットプログラムでは身体を温める効果のある炭水化物をかなり制限します。
最初の数日間は炭水化物を全く摂らないことになっていますが、身体がふらふらしたり、イライラするなどの症状が現れた時には、無理をせずに米やうどんなどの炭水化物を少し取るようにしましょう。

またこのダイエットプログラムでは、一週間のうちに肉を食べる日が決まっていて、
それ以外の日にはたんぱく質が不足しがちです。
1日2日不足したからといってすぐに健康に悪影響があるということはありませんが、
慢性的にたんぱく質が足りなくなると、筋力の低下や肌や髪のツヤがなくなる、
免疫力の低下などにより風邪をひきやすくなったりします。

普段から風邪をひきやすいなど、心配な症状がある人は特に、大豆などの豆類や、油を使用しないで調理したツナや鳥のささみや胸肉など、脂肪の少ない肉や魚を補いましょう。

肉や魚を調理する方法としては、ゆでる、煮るなどのほか、テフロン加工のフライパンやオーブンで焼くのもカロリーを抑えて美味しさを逃がさずに料理できるのでお勧めです。

健康な身体あってのダイエットです。
一週間ダイエットを始めて、少しでも体調に異変を感じたらすぐにダイエットを中止しましょう。


posted by 一週間ダイエット at 19:32| 一週間脂肪燃焼スープダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。